GOURMET

食べる

食べる食べる

広島お好み焼

広島の名物料理と言えば、「広島お好み焼」です。
小麦粉を溶いたものに、野菜や豚肉を乗せたり、混ぜたりして焼く料理は他にも「関西のお好み焼」や「もんじゃ焼(東京)」などがありますが、広島お好み焼は広島だけの独特の製法で作ります。
まず、大きな鉄板の上で小麦粉を溶いた生地を薄く円形状に伸ばして焼き、その上にキャベツ、もやし、ねぎなどの野菜をたっぷりと乗せて蒸し焼きにします。その上にそばを重ねて焼き、お好み焼用のソースを塗り青海苔を振りかけて完成です。
お店に入って、鉄板の前に座れば、実際に調理しているところを見ることもできます。

>>動画「広島お好み焼が出来るまで」

一般的なメニューはそばに肉、卵を入れた「そばにくたま」と呼ばれ、おおよそ700円前後(1枚)で食べることができます。

お好み焼き

代表的な広島お好み焼の構造
上から
・卵
・そば
・豚バラ肉
・ねぎ
・もやし
・キャベツ
・小麦粉を薄く溶いた生地

広島お好み焼では専用のソースがおいしさを引き立てますが、このソースも店ごとに異なり、そのお店オリジナルのソースを作っている店もあります。ソースが少ない時は付け足すこともできます。このソースをお土産として購入できる店もあります。
食べ方には、鉄板の上の広島お好み焼をそのまま食べる「鉄板」スタイルと焼きあがった広島お好み焼をお皿に移し替えて食べる「皿」スタイルがあります。
食べる道具も「へら」と「はし」があります。へらは、自分で広島お好み焼を切って、そのまますくって食べますが、少々コツが必要です。

もっと知りたい!進化形、各地のお好み焼

名物の細切りうどんを入れて半月型に折る「呉焼き」
  • 呉市
名物の細切りうどんを入れて半月型に折る「呉焼き」
納豆と山芋を入れた「ふわふわ納豆焼」
  • 熊野町
納豆と山芋を入れた「ふわふわ納豆焼」
酒粕や日本酒を生地に練り込んだ「たけはら焼」
  • 竹原市
酒粕や日本酒を生地に練り込んだ「たけはら焼」
SHARE