平和記念公園レストハウス(被爆建物)

2020年(令和2年)7月1日からリニューアルオープンしました。

【レストハウスの歴史】
レストハウスは1926年に大正呉服店として建設されました。
当時、瓦屋根の木造家屋が建ち並ぶ中で、鉄筋コンクリートでできたモダンな外観は中島本町のシンボルとなる建物でした。
目新しさは、建物の構造だけではなく、1~3階はショーウィンドウのある売場で当時としては珍しく履物を履いたまま上がれるようになっていました。
建物の屋上からは市内が一望できました。
戦時体制により、1943(昭和18)年12月に発令された繊維統制令により呉服店は閉鎖されました。
1944年(昭和19年)6月に、経済活動を統制することを目的とした国策の統制会社である広島県燃料配給統制組合が建物を取得し、「燃料会館」と呼ばれるようになりました。

【被爆について】
爆心地から170mにあった建物は、原爆により屋根が押しつぶされ、内部も破損、地下室を除いて全焼しました。
しかし、爆心地の近くでありながら爆心地側に開口部のほとんどない強固な建物だったためか、基本的形態はとどめました。
被爆当日、この建物には37人が勤務していましたが、たまたま地下に書類を取りに下りていた1人を除いて、全員死亡しました。



【現代】
平和記念公園の建設に伴い、取り壊すかどうかの議論がありましたが、1957年3月に広島市が買収し、復興の拠点となりました。
1982年からは平和記念公園レストハウスとして整備され、公園の憩いの場となりました。
なお、地下室は現在も被爆当時の姿をとどめています。

改修工事(リニューアルオープン)

改修工事のため、2018年(平成30年)2月1日から休館し、被爆から75年を迎える2020年(令和2年)7月1日に被爆の実相を伝え、平和記念公園を訪れる人々と、歴史や地域振興、観光などの活動をつなぐ起点として、リニューアルオープンしました。

【各階の概要】
●3階
 展示室1では「中島地区の成り立ちと歴史」、「被爆前の中島地区のにぎわい」、「建物の歴史」及び「未来への発信・継承」の4つの展示コーナーを設け、中島地区の移り変わりやレストハウスの歴史を振り返る写真等を展示しています。
 展示室1の天井では、爆風により崩落した屋根(床スラブ)の一部を見ることができます。

●2階
 休憩・喫茶ホール1では、軽飲食の提供コーナーを設けるとともに、被爆ピアノを展示しています。
 通路の天井では、被爆による火災の跡を見ることができます。

●1階
 観光案内所を設置するとともに、特産品等の販売を行います。
 通路の天井では、被爆による火災の跡を見ることができます。

●地下1階
 建物内で唯一の生存者であった野村英三氏の手記や被爆当時の様子を描いた絵、被爆直後の燃料会館の写真等を展示しています。
 見学施設として環境を整えるため、新たに床を設置し、室内の段差を無くしています。  

3階

展示室1(資料展示旧中島地区)
多目的室(一般貸出)

2階

休憩・喫茶ホール1(軽飲食提供)
休憩・喫茶ホール2(一般貸出可)
被爆ピアノ

1階

観光案内及び特産品等販売

地下1階

展示室2(保存展示:地下室)

※ 全フロアで、無料公衆無線LANサービス(HIROSHIMA FREE Wi-Fi)を利用できます。

INFORMATION

住所
〒730-0811 広島市中区中島町1番1号
TEL
082-247-6738
URL
https://hiroshima-resthouse.jp/
お問い合わせ先
広島市平和記念公園レストハウス 事務局 TEL:082-546-9133
営業時間
・3月1日から11月30日まで(8月を除く)
 午前8時30分から午後6時まで
・12月1日から翌年2月末日まで
 午前8時30分から午後5時まで
・8月1日から8月31日まで(5日、6日を除く)
 午前8時30分から午後7時まで
・8月5日
 午前8時30分から午後8時まで
・8月6日
 午前7時30分から午後8時まで
定休日
年中無休
アクセス
広島駅から広島電鉄電車 「原爆ドーム前」または「本通り」下車徒歩5分

ACCESS

所在地・アクセス情報

SHARE

VISITORS ALSO VIEWED

このページを見た人はこんなページも見ています