出汐倉庫(被爆建物)

この建物は、被爆時には広島陸軍被服支廠(ししょう)でした。被服支廠は、軍服や軍帽など、兵隊が身に付ける小物や付属品等を生産、修理、保管、供給する施設で、大規模な製造・修理工場と保管・供給を行う倉庫群がありました。現存しているのは、1913年(大正2年)に竣工した鉄筋コンクリート造り・レンガ張りの倉庫4棟です。
爆心地から2.67キロメートルにあり、爆風により屋根に大きな損傷を受けたものの火災は免れました。被爆直後は臨時救護所となって多くの被爆者を受け入れましたが、次々とここで命つきていきました。
戦後は、一時、広島高等師範学校(現在の広島大学教育学部)などに利用されたほか、運送会社の倉庫や学生寮として利用されました。西側の3棟の鉄扉のいくつかは、被爆時の爆風で変形したままとなっています。

被爆時の爆風で変形した鉄扉は、西側市道から見ることができます(手続き不要)。
敷地内の見学(建物の中には入れません。)は、事前の申込みが必要です。また、見学に当たっては、門扉のカギの受取り・返却のため、広島県庁までお越しいただく必要があります。
敷地内の見学を希望される方は、平日の8:30~17:15までに下記連絡先にお問い合わせください。なお、県では現地案内等の対応は行っておりません。

INFORMATION

住所
〒734-0001 広島市南区出汐二丁目4-60
TEL
082-513-2305
お問い合わせ先
広島県財産管理課
アクセス
広島駅から広島電鉄電車「皆実町二丁目」下車徒歩8分

ACCESS

所在地・アクセス情報

SHARE

VISITORS ALSO VIEWED

このページを見た人はこんなページも見ています