下向神楽団(しもむかいかぐらだん)

神楽団の紹介/
下向神楽のはじまりは嘉永年間(1848年〜53)頃といわれています。かつては吹火(ふきび)、傘火(かさび)、綱火(つなび)といった花火が、神楽と神楽の間で行われていました。下向神楽は、十二神祇系神楽(十二種類の演目で構成)で旧舞です。現在は安佐南区沼田町の小さな集落「下向」のみで継承しており、秋祭りやイベントで公演しています。

神楽団の創設時期/ 嘉永年間ごろ
団員数/ 20人程度
保持演目/ 十二神祇系神楽

INFORMATION

住所
広島市安佐南区伴東5-22-35
SHARE

VISITORS ALSO VIEWED

このページを見た人はこんなページも見ています