原爆ドームの基本情報

平成8年(1996年)12月、ユネスコ第20回世界遺産委員会メリダ会議で、核兵器の惨禍を伝える建築物として世界文化遺産に登録されました。

指定範囲:原爆ドームの所在する地域/約0.39ヘクタール

原爆ドームは、大正4年(1915年)に広島県内の物産品の展示・販売をする施設として建てられ、広島県美術展覧会や博覧会も催されていました。設立当初は 「広島県物産陳列館」という名称でしたが、その後「広島県立商品陳列所」、昭和8年(1933年)には「広島県産業奨励館」に改称されています。

広島県産業奨励館
所蔵・提供:広島市平和記念資料館

設計者はチェコの建築家ヤン・レツル氏で、構造は一部鉄骨を使用した煉瓦造、石材とモルタルで外装が施されていました。全体は3階建で、正面中央部分に5 階建の階段室、その上に銅板の楕円形ドーム(長軸約11メートル、短軸約8メートル、高さ4メートル)が載せられていました。その頃の広島は、都心部のほとんどは木造2階建ての建築であり、、こうした大胆なヨーロッパ風の建物は非常に珍しく、川面に映えるモダンな美しさ とあいまって広島名所の一つに数えられていました。

広島県物産陳列館
所蔵・提供:広島市公文書館

昭和20年(1945年)8月6日午前8時15分。人類史上最初の原子爆弾が炸裂したのは、広島県産業奨励館から南東約160メートル、高度約 600メートルのところです。爆風の圧力は1平方メートルあたり35トン、風速は440メートルという凄まじいもので、建物は爆風と熱線を浴びて大破し、 天井から火を吹いて全焼。爆風がほとんど垂直に働いたため、本館の中心部は奇跡的に倒壊を免れたものの、館内にいた人はすべて即死しています。戦後、旧産業奨励館の残骸は、頂上の円蓋、鉄骨の形から、いつしか市民から原爆ドームと呼ばれるようになりました。

被爆後の産業奨励館
所蔵・提供:広島市平和記念資料館

昭和28年(1953年)に広島県から広島市に譲渡され、昭和41年(1966年)7月には広島市議会が原爆ドームの保存を決議を行い、その後、風化が進み、国内外での善意の募金により3回の大規模な保存工事が行われました。また、世界遺産リストへの登録を求めて、市や市議会、広範な市民運動の結果、平成7年(1995年)6月に国の史跡に指定され、文化庁からユネスコに登録申請。平成8年(1996年)12月、世界文化遺産へ登録されました。

現在では、被爆当時の惨状を残す姿がノーモア・ヒロシマの象徴として、時代を越えて核兵器の廃絶と恒久平和の大切さを世界へ訴えるシンボルになっています。

現在の原爆ドーム

※なお、原爆ドーム内部に立ち入ることはできません。入場できる施設ではありませんので、外からの見学になります。
※専用の駐車場はありませんので、周辺の駐車場をご利用ください。

■ボランティアガイド
>>広島市観光ボランティアガイド協会 / 観光アシスタントひろしま / ヒロシマピースボランティア

 

【Hiroshima Peace Tourism(広島ピースツーリズム)】
広島市ではWEBサイト「Hiroshima Peace Tourism(広島ピースツーリズム)」を開設しました。
広島を訪れた多くの皆様が、平和関連施設などを巡るときに参考になる、テーマ別のルートを紹介しています。
また、このWEBサイトでは、原爆ドーム内部を360°で見ることができるARなどを掲載しています。
スマートフォンを片手に、専用サイトを見ながらルートを巡ってみませんか。

【Hiroshima Peace Tourism(広島ピースツーリズム)】
 https://peace-tourism.com/

チラシ日本語 mini.jpg

INFORMATION

住所
広島県広島市中区大手町1丁目10
URL
http://www.city.hiroshima.lg.jp/www/dome/index.html
アクセス
JR広島駅から路面電車「原爆ドーム前」下車すぐ

専用の駐車場はありませんので、周辺の駐車場をご利用ください。
料金
無料

ACCESS

所在地・アクセス情報

SHARE

VISITORS ALSO VIEWED

このページを見た人はこんなページも見ています