上中調子神楽団(かみなかちょうしかぐらだん)

神楽団の紹介/
上中調子神楽団は70年前、上中調子地区で活動を行っていましたが、昭和18年の大水害や戦後の混乱に加え、昭和20年代の太田川改修工事による高瀬の浜・土手筋地区の全面立ち退きや恵比寿神社の立ち退き移転、神楽衣装の老朽・廃棄などにより、休止の状態が続いていました。
平成19年から、地域の皆さんと話し合いを続け「上中調子神楽団を皆で復活させ、そして子供たちにマナー、礼儀などを指導して行こう」と上中調子神楽団の活動を再開することとなり、平成22年2月から少人数で毎週月曜日、水曜日の19時半から21時まで練習をしています。
これからも精進して参りますので、応援の程、よろしくお願い致します。

代表者名(役職)/ 池原 康則(会長)
神楽団の創設時期/ 平成22年2月
団員数/ 16名
保持演目/
(新舞)・紅葉狩り ・滝夜叉姫 ・悪孤伝 ・土蜘蛛
(旧舞)・神降し ・剣舞 ・塵倫 ・大江山 ・承平の乱 ・八岐大蛇
地元神社/ 中調子八幡神社
地元神社での上演時期/ 11月2日
過去の上演実績/ 中調子八幡神社、比治山神社、三篠神社、住吉神社、宇那木神社等各地の神社奉納 その他、共演大会、各種イベント 等
出張神楽上演/ 可

SHARE

VISITORS ALSO VIEWED

このページを見た人はこんなページも見ています