周辺のみどころ

太田川と元安川という2つの川にはさまれた広島市中区にある広島県平和記念公園。ユネスコ世界遺産の原爆ドームをはじめ、広島平和記念資料館など、たくさんの施設や慰霊碑、銅像などが、悲惨な原爆体験を後世に伝えています。

原爆ドーム

平成8年(1996年)12月、ユネスコ第20回世界遺産委員会メリダ会議で、核兵器の惨禍を伝える建築物として世界文化遺産に登録されました。

指定範囲:原爆ドームの所在する地域/約0.39ヘクタール

原爆ドームは、大正4年(1915年)に広島県内の物産品の展示・販売をする施設として建てられ、広島県美術展覧会や博覧会も催されていました。設立当初は 「広島県物産陳列館」という名称でしたが、その後「広島県立商品陳列所」、昭和8年(1933年)には「広島県産業奨励館」に改称されています。

詳しく見る

平和の鐘

建立年月日 昭和39年(1964年)9月20日

核兵器と戦争のない世界の達成をめざし、その精神文化運動のシンボルとして「原爆被災者広島悲願結晶の会」が建立しました。鐘(故香取正彦(人間国宝)さんの作品)の表面には「世界は一つ」を象徴する、国境のない世界地図が浮き彫りにされています。
撞座は、原水爆禁止の思いをこめて原子力マークにし、その反対側には、つく人の己の心を写し出す鏡が入れられています。
池には、大賀一郎教授が千葉市の遺跡から2000年前の種を掘り出し発芽させた、有名な大賀ハスが植えられています。被爆当時、ハスの葉で傷をおおい、火傷の痛みをしのいだという被爆者の霊を慰めたものです。

詳しく見る

原爆の子の像

建立年月日 昭和33年(1958年)5月5日(こどもの日)

2歳の時被爆し、10年後に白血病を発病して亡くなった佐々木禎子さん。その死に衝撃を受けた同級生たちが、「原爆で亡くなったすべての子どもたちのために慰霊碑をつくろう」と全国へ呼びかけ、全国3,100校余りの生徒と、イギリスをはじめ世界9か国からの支援により、完成したのが、高さ9メートルのこのブロンズ像です。(ブロンズ像3メートル、台座6メートル)
三脚のドーム型の台座の頂上に金色の折り鶴を捧げ持つ少女のブロンズ像が立ち、左右には明るい未来と希望を象徴する少年少女の像があります。像の下におかれた石碑には、「これはぼくらの叫びです これは私たちの祈りです 世界に平和をきずくための」という碑文が刻まれています。
像の制作は、当時東京芸術大学教授だった菊地一雄さんです。

詳しく見る

平和の灯

建立年月日 昭和39年(1964年)8月1日

東京大学教授(当時)丹下健三氏が設計したものです。
台座は、手首を合わせ、手のひらを大空にひろげた形を表現しており、水を求めてやまなかった犠牲者を慰め、核兵器廃絶と世界恒久平和への願いをこめています。
この火は、昭和39年(1964年)8月1日に点火されて以来ずっと燃え続けており、「核兵器が地球上から姿を消す日まで燃やし続けよう」という反核悲願の象徴となっています。
平成6年(1994年)に広島市で開催されたアジア競技大会の聖火に点火されるなど、各種行事において平和のシンボルとして採火されています。

詳しく見る

広島平和記念資料館

広島平和記念資料館は、原子爆弾による被害の実相を世界中の人々に伝え、ヒロシマの心である核兵器廃絶と世界恒久平和の実現に寄与することを目的に、1955年(昭和30年)に開館しました。
1945年(昭和20年)8月6日午前8時15分、広島は世界で初めて原子爆弾による被害を受けました。まちはほとんどが破壊され、多くの人々の生命が奪われました。かろうじて生き残った人も、心と体に大きな痛手を受け、多くの被爆者が今なお苦しんでいます。
平和記念資料館は、東館・本館からなり、被爆者の遺品や被爆の惨状を示す写真や資料を収集・展示するとともに、広島の被爆前後の歩みや核時代の状況などについて紹介しています。
また、被爆者による被爆体験講話会などを実施するほか、平和学習のための資料の貸出しも行っています。

詳しく見る

国立広島原爆死没者追悼平和祈念館

国立広島原爆死没者追悼平和祈念館は、国として、原爆死没者の尊い犠牲を銘記し、永遠の平和を祈念するとともに、原爆の惨禍に関する全世界の人々の理解を深め、被爆体験を後代に継承することを目的として、2002年8月に開館しました。
館内には、平和祈念・死没者追悼空間があり、爆心地である「島病院」付近からみた被爆後の街並みをパノラマで表現しています。遺影コーナーでは、原爆死没者のお名前と遺影(写真)を公開し、原爆で多くの人々が亡くなった事実を伝えます。体験記閲覧室では、被爆体験記や被爆証言映像等の資料を閲覧・視聴できます。また、情報展示コーナーでは、企画展を開催しています。特定のテーマで、被爆体験記を中心に展示を行い、被爆の実相を伝えます。
さらに、被爆体験記や原爆詩による被爆体験記朗読会も開催しています。情景を思いながら朗読を聴き、自ら声を出して読むことにより、被爆の様子が臨場感を持って伝わってきます。ぜひ、被爆者の「こころ」と「ことば」にふれてください。

詳しく見る

INFORMATION

SHARE

VISITORS ALSO VIEWED

このページを見た人はこんなページも見ています