嚴島神社について詳しく知る

誰が何のために作ったの?

嚴島神社が建てられたのは593年、佐伯鞍職によると言われていますが、今のような海上社殿がつくられたのは平安時代後期です。嚴島神社を崇敬していた時の権力者・平清盛の援助を受けた佐伯景弘が、1168年、回廊で結ばれた寝殿造りの社殿を造営しました。

なぜ海上に建設されたの?

島全体が「ご神体」とされていたため、陸地に社殿を立てて神聖な場所を傷つけることのないよう、海の上に建設されました。その結果、世界でも類を見ない海上の社殿群となり、人々を惹きつける景観がつくられました。

建設当時から有名だったの?

古代から多くの人が参拝していましたが、平清盛が厚く信仰し、平家一門が力を増していく中で神社の名前は広く知られるようになりました。1555年の厳島の戦いで勝利した毛利元就が厳島を支配下に置いたことから社運が上昇。江戸時代には伊勢詣、四国遍路とともに民衆の参詣地としてにぎわいました。

なぜ世界遺産に登録されたの?

嚴島神社が世界遺産に登録されたのは1996年(平成8年)。寝殿造りを取り入れ海上に立地する建築景観という点、周囲の環境に溶け込むという日本人の美意識の一基準となった建造物である点、建設当初の姿を現代まで残している点、日本の宗教である神道の施設である点などが評価され、登録にいたりました。嚴島神社の本社本殿・弊殿・拝殿等17棟・大鳥居・五重塔・多宝塔3基からなる建造物群は、6棟が国宝、11棟・3基が国の重要文化財に指定されています。

嚴島神社の略年表

飛鳥時代
593年(推古天皇元年):佐伯鞍職が嚴島神社を創建したと伝えられる。
平安時代
1168年(仁安3年):嚴島神社社殿の造営が行われる。
 
鎌倉時代
1287年(弘安10年):一遍上人が参詣。この時の様子が描かれた「一遍聖絵」は、嚴島神社の絵画の初見。
 
室町時代
1571年(元亀2年):嚴島神社本殿の造営が完成し、遷宮を行う。(元亀の遷宮)
 
安土・桃山時代
1587年(天正15年):豊臣秀吉、嚴島神社に社参し、安国寺恵瓊に大経堂(千畳閣)造営を命じる。
 
江戸時代
1643年(寛永20年):林鵞峰、「日本国事跡考」を著述。松島・橋立とともに嚴島が「三處の奇観」と記される。
 
明治時代
1881年(明治14年):嚴島神社本社の大修繕が終わり、遷宮式を行う。
1899年(明治32年):岡倉天心ら古社寺保存調査のため来島。嚴島神社の社殿が特別保護建造物、絵画・書蹟・彫刻・美術工芸品など35点が国宝に指定される。
 
昭和時代
1952年(昭和27年):嚴島全島が特別史跡及び特別名勝「嚴島」に指定される。
 
平成時代
1994年(平成6年):嚴島神社御鎮座1400年大祭が行われる。
1996年(平成8年):ユネスコの第20回世界遺産委員会で、嚴島神社とその前面の海および背後の瀰山原始林(天然記念物)が世界遺産に登録される。

INFORMATION

SHARE

VISITORS ALSO VIEWED

このページを見た人はこんなページも見ています