SHOPPING

買い物

お土産 調味料

Seasoning

広島を代表するグルメの「お好み焼」の専用ソースである「お好みソース」や、お土産におすすめのご当地調味料をご紹介します。

お好みソース
お好みソース
  • 広島市

広島を代表する食の1つが「広島お好み焼」ですが、その専用のソースが「お好みソース」です。トマト、玉ねぎ、りんご、香辛料など何種類もの野菜と果物を材料にし、とても濃厚で甘くとろみがあるのが特徴です。通常のお好みソースのほかに、激辛味ややきそば用ソースなどいくつものバリエーションがあります。広島お好み焼のお店によっては、自店専用のソースを製造し、小売している店もあります。 独特の甘みがあるため、広島お好み焼だけでなく、フライ料理などにもよく使われます。

甘露醤油
甘露醤油
  • 柳井市

柳井の醸造家高田伝兵衛が考案したと言われる甘露醤油。再仕込みという独特の製法で作られた甘露醤油は、天明年間に時の岩国藩主吉川公に献上したところ「甘露、甘露」とその味をほめたたえられたところからその名がつけられたと言われています。 一度出来上がった生醤油に、再び麹を入れて仕込むため、通常の醤油の倍以上の材料と時間をかけて作られています。

調味料(醤油、ソース、酢)
  • 三原市

実広醤油:青ラベルが目印の大正期から続く本郷の醤油屋。 濃口・淡口・たまり醤油の他、本郷の名水を使った出汁に羅臼昆布をまるごと瓶に入れた、だし醤油「うまみ」などがあり、道の駅みはら神明の里やJAやっさふれあい市場などで購入できます。

お好みソースのテングソース:かつて酒蔵などが軒を連ねた西町の中通りにある中間醸造。三原でしか販売されていない「テングソース」は、地元の方々に愛されるソースです。
市内のお好み焼屋さんでもテングソースを使っているお店が多くあります。

お多福酢:オタフクソースのグループ企業、「お多福醸造」。
酒どころ西条に近いこの地に湧き出る水は、銘水として知られており、この水を使い、じっくり発酵させて食酢を製造しています。

甘露醤油
瀬戸内コラトゥーラ
  • 平生町

名前の由来は、ローマ時代に愛用されたイワシの発酵調味料に因んでいます。
山口県瀬戸内佐賀漁港で水揚げされた新鮮で良質なカタクチイワシ・酒粕・塩だけで仕込み発酵熟成させた無添加手作り魚醤です。
カタクチイワシを塩だけでなく酒粕使って、発酵熟成させているので、魚醤独特の臭みがなく、カタクチイワシの芳ばしい香りと濃厚なうま味があります。
私たちの漁師町、平生町佐賀は地形が半島でイタリアの地形によく似ております。
イタリアのアマルフィ海岸沿いに、チェターラと言う漁師町があり、唯一コラトゥーラの生産をされています。
原料も同じカタクチイワシを使用しております。
無添加・保存料なし・合成着色料なし・・ナチュラル100%にこだわって、少しだけ生産しております。

SHARE