ぶらり ひろたびぶらり ひろたび

Vol.20 世羅幸水農園
ガブリ!世羅台地でご機嫌な梨狩り

あそこにもここにも!!天井から無数の梨がぶら下がっているようなイメージ。
梨、梨、梨…。どこまでが1本の木かわからないほど木が繋がり合うようにのびのびと枝葉を広げている。
今日は広島県の真ん中、世羅台地にある「世羅幸水農園」にやって来た。地域ブランドとして定評のある「せらなし」。その味はいかに?むくむくとハンター魂が湧き上がってきた!

世羅幸水農園

均一に陽が当たるよう、棚仕立てにしてある。木の下はちょうど日陰になっていて気持ちいい。1本の木からなんと、約200~300もの実が順々となるそうだ。

自由に選んで自分でとって「せらなし」を満喫

同園の組合長理事・光元さんに話を伺う。「幸水梨は、袋かけをしないので太陽の光をいっぱい浴びて甘味が増します。」

同園の組合長理事・光元さん

「今年の夏は、天候にも恵まれ梨がとっても甘いですよ~、13度くらいあります。11~12度もあれば果物は十分甘いんです」と嬉しい言葉。

期待通り、口に入れた瞬間したたり落ちそうにみずみずしい果汁と濃厚な甘み、香りがいっぱいに広がる。芳醇さとはこのこと!寒暖差の大きい世羅台地の気候を生かし、半世紀以上前から、果物に最適な土壌づくり、維持、管理に徹底的にこだわってきた「せらなし」。とにかく食べてみないとわからない、このおいしさ!

幸水

梨の成熟は、幸水の場合は青みが薄くなって黄色が増し、表面のザラザラ感がより減ってきた頃。その頃には大きさも重さもしっかりとしてくる。

収穫したり、梨をほおぼったり、みんな楽しそう。呉や西条、遠くは関東方面からはるばるやって来た人もいる。

梨狩り 梨狩り初体験の2人

「メッチャ、甘いです!」梨狩り初体験の2人。「3個はクリアしたいね」とにっこり顔を見合わせ話していた。

梨狩り2

「どれにしよう?」「これが甘いかな~」真剣に梨を選んでいる。

梨狩り3

とれとれの梨を手に、自分で皮を剥きたがっているけど上手にできるかな?

梨狩り 収穫を終えた3人組

収穫を終えた3人組。「すごく楽しかったです~、また来たいです!」

梨狩りでは持ち帰り

梨狩りでは持ち帰りもでき、大、中、小(2500円~)のカゴを選んで詰め放題。中のカゴに山盛り詰めて8㎏も収穫できたという男性も。

ブドウ狩り、その他のお楽しみもたくさんあります!

実は梨狩りのほかに、別の場所になるが…木の管理は農園にお任せして、収穫はまるごと1本自分でできるというしくみ。もぎたて新鮮の梨は家庭用にはもちろん、贈答用にもおすすめだ。

収穫

尾道から毎年収穫に訪れ、贈答用に箱詰めしているというご夫婦。「皆さんにおいしいと評判なんですよ」約1時間の間に収穫して、すでに7箱目を詰めている。

9月の収穫を控えたぶどう園も、少し覗かせていただいた。「ハニービーナス」という品種で、「世羅ワイナリー」で作られるワインの原料としても奨励されている種類だそう。

ハニービーナス1

ハニービーナス2

熟れ具合を確認しながら「高品質で上品な甘さが特徴です。9月を楽しみにしておいてください」と光元さん。

「世羅幸水農園」の全景

「世羅幸水農園」の全景。梨園だけでも40ha、農園全体では、東京ドーム約13個分の圧巻の規模。

梨ソフトクリーム

梨狩りの受付をしている「ビルネ・ラーデン」では、農園でとれた果物のほかに産直野菜なども多数販売。梨ソフトクリームも発見!幸水のまた違った食感や味で涼むのも一興。

「せらなし」をもちろん直売所で買うと間違いないおいしさ。しかも安い。でも、せっかくなら、自分の目で選んだものを収穫して、すぐその場でガブリと食す。自然の中で、とれたてのおいしさを実感してみては?みんながやけにご機嫌な笑顔になっていくのがわかると思う。ぜひ、次はぶどう狩り目指して訪れたい。

世羅幸水農園について、くわしくはこちら

(2018年8月取材)

SHARE