ひろしま神楽ひろしま神楽

ひろしま神楽

HIROSHIMA KAGURA

広島県は神楽が盛んな地域です。全国有数の神楽どころとして知られ、県内には300近い神楽団が活動しています。神楽は、娯楽の少なかった時代には、全村あげて楽しむ大きな年中行事の一つで、神社の境内に舞殿をしつらえ、神への祈りと感謝をこめて神楽を奉納していました。舞の合間には、「吹き火」などの花火のわざを競いながら、燃え上がるかがり火のもと、夜通し舞明かすのが常でした。観覧する人々も、それぞれにごちそうや酒肴を持ち寄り、夜を徹して楽しんだと言います。
広島市では、市内の30神楽団の方々等と一緒に、観光客の方が気軽に神楽を楽しむとともに、観光事業者が神楽を旅行商品の中に組み入れることができるよう取組んでいます。
広島県内には大きく分けて、以下の5つの種類の神楽があります。

1.安芸十二神祇
広島市、廿日市市、大竹市など瀬戸内海沿岸部で行われている神楽で、毎年の秋祭りの前夜祭に十二の舞を奉納することから十二神祇と呼ばれていま す。安芸十二神祇は、芸北地域にあった古い神楽が、江戸時代の終わりごろから明治にかけてこの地域に伝えられ爆発的に広がったもので、中世のころ からの全国でも珍しい貴重な神楽を今に伝えています。

2.芸北神楽
広島の神楽を全国へアピールしてきた神楽。江戸時代の終わり頃に伝わった島根県石見地方の神楽が、芸北地方で独特の神楽として展開したもので、広島県の神楽としては最も新しいものです。

3.芸予諸島の神楽
瀬戸内海の島々とその沿岸部でひそかに行われている神楽です。知名度は低いけれども、広島県の無形民俗文化財に指定されるなど学術的に高く評価されている神楽もあります。

4.比婆荒神神楽
比婆郡内とその周辺の一部地域で行われています。岡山県の備中神楽の影響を受けていますが、非常に古い伝統を残す広島県独自の神楽です。舞い続けるうちに神がかりとなる、全国でも数少ない古式を伝えています。

5.備後神楽
比婆荒神神楽を除く備後地方と安芸の一部にまたがる広い地域に分布しています。五行祭といわれる歌や語りを楽しむ神楽や、古い形の能舞を多く残しています。古くは修験者の流れを汲む女性の神子(みこ)と男性の法者の太夫が組になって行っていました。

参考文献:三村泰臣著『広島の神楽探訪』南々社
広島市教育委員会編『広島市の文化財』

PROGRAM

ひろしま神楽 演目紹介

VIEW MORE

戻橋(もどりばし)
平安時代中期、京の都一条戻橋あたりに夜な夜な鬼が現れては庶民を苦しめていました。源頼光(みなもとのらいこう)は四天王の一人 渡辺綱(わたなべのつな)に、陰陽師 安部晴明に戻橋あたりの様子を聞いて鬼退治をするよう命じます。綱は晴明から「式神(しきじん)」という晴明の手足として自由に操れる陰陽師の鬼神を受け取り、戻橋へと向かい、一人の姫と出会います。その姫に綱は五条...
VIEW MORE

VIEW MORE

大江山(おおえやま)
丹波の国、大江山に酒呑童子(しゅてんどうじ)という悪鬼が茨木童子(いばらぎどうじ)や唐熊童子(からくまどうじ)ら多くの手下を従えてたてこもり、都や付近の村里に出没しては暴れまわり、良民を苦しめていました。 時の帝 一条天皇は、武勇の誉れ高い源頼光(みなもとのらいこう)に征伐を命じました。勅命を受けた頼光は渡辺綱(わたなべのつな)、坂田金時(さかたのきんとき)ら四天王...
VIEW MORE

広島市内の神楽団KAGURADAN IN HIROSHIMA

井口地区民芸保存会神楽部
太田川流域に広く見られる十二神祇神楽は、12種目から構成されており、1種目に表裏の舞がありますので、全部で24の舞があるのが基本となっています。
上温井神楽保存会
神楽が発足した明治初期から第二次世界大戦前頃までは、上温井、中温井、下温井の3つの神楽がありましたが、現在では平成6年に復活した上温井神楽のみとなってしまいました。
三城田神楽団
三城田神楽団は、今から約百五十年前の嘉永年間に、地元の若者たちにより結成されたという古い歴史を持つ神楽団です。
西原上十二神祇神楽保存会
太田川と古川、旧安川の3本の川が運んできた土砂が堆積してできた、安佐南区の西原地区。
岩谷神楽保存会
保存されている衣装を受け継ぎ、舞を伝承しています。
大塚神楽団
明治の中期(昭和40年に再編)に発足した、伊勢流神楽の流れを組む十二神祇系の神楽団です。
阿刀神楽団
阿刀神楽は、神楽に柔術の技が取り入れられているのが特徴です。
下向神楽団
下向神楽のはじまりは嘉永年間(1848年~53)頃といわれています。
上河内神楽団
記録によれば明治初めごろに有志9名により結成され、現在は、主に佐伯区五日市町河内地区に居住する団員で構成。
下河内神楽団(*)
広島市佐伯区五日市町下河内地区に古くより伝わる神楽団です。
石内神楽団
石内神楽団のはじまりは、江戸時代と古く、天保年間とされています。
五日市芸能保存会
五日市神楽は江戸時代から広島市の廿日市などで舞われている12神祇神楽を継承しています。
観音神社神楽保存会
昭和48年ごろに発足した神楽保存会です。先輩から後輩へと演舞の指導を受け継ぎ今日に至っています。
高井神楽団(*)
高井神楽団が籍を置く広島市佐伯区には、貴重な民族文化財である伝統芸能を継承している団体。
水内神楽団(*)
水内神楽は江戸期天保時代に石見神楽が当地に伝えられて以来、山県系の旧舞・新舞を取入れながら、その歴史と伝統を現在まで受け継いでいます。
下五原神楽団(*)
当神楽団は、昭和49年に地元、広島市佐伯区湯来町の下地区の神楽が好きな子供たちによって、『下五原子供神楽団』として結成されました。
大森神楽団(*)
大森神楽団は、明治の初期から氏神社である大森八幡神社(広島市佐伯区湯来町伏谷)の秋祭り(十月第三土曜日)の奉納を第一義として活動してまいりました。
宮乃木神楽団(*)
平成10年に、広島県広島市安佐町飯室の野原八幡神社を御祭神として設立。
あさひが丘神楽団(*)
昭和62年に発足したあさひが丘神楽団は、「振興団地の中に郷土芸能を」という取り組みの一環としてスタートしました。
綾西神楽團(*)
綾西神楽團は昭和56年地元の若者十数名により「綾西神楽同好会」として発足。
宮崎神楽団(*)
勇壮で変化に富んだ、高田系八調子の神楽に取り組んでいます。
飯室神楽団(*)
安佐町飯室の青年を中心に昭和57年「飯室神楽同好会」として発足。
鈴張神楽団(*)
地元の方々の寄付で衣装や道具を揃えるなど、神楽団結成より多くの人に支えられています。
亀山神楽団(*)
亀山地区に住む神楽を愛する数名からスタートしました。現在は中学生から60代までと年齢の幅も広く、20名ほどの団員で活動しております。
諸木郷土芸能保存会
1830年頃には諸木地区で神楽を舞っており、伝統芸能として秋祭りで奉納されてきた。
岩上八幡神社神楽保存会(*)
岩上八幡神社に伝わる十二神祇神楽を、子供たちへ伝承しており、秋祭り等の奉納をメインとしています。
亀崎神社神楽保存会
亀崎神社神楽保存会の神楽は、深川地区の氏神である亀崎神社で、約百年にわたり伝承されてきた12神祇神楽です。
上矢口郷土芸能保存会
平成5年に30年ぶりに神楽を復活し、今年で22年になります。
小河原火舞保存会
小河原火舞保存会は明治のはじめに創設され、現在は地域の小学生から社会人に至る有志、愛好家によって伝承されています。
くむら神楽保存会
この地区に古くから伝わる十二神祇神楽と、吹火・傘火と呼ばれる自作の花火を、毎年10月下旬に開催される真亀山神社秋季例大祭において奉納しています。
上中調子神楽団(*)
上中調子神楽団は70年前、上中調子地区で活動を行っていました。
神楽団を選択
(*)のある神楽団は出張公演を行っています。お気軽にお問い合わせください。

EVENT

ひろしま神楽のイベント情報

神楽の日 道の駅舞ロードIC千代田
毎月1回、日曜日に道の駅舞ロードIC千代田で開催される「神楽の日」。終了後には神楽団と一緒に写真が撮れる特典もあります。※道の駅舞ロードIC千代田の当日お買い物レシートをご提示いただければ、ご鑑賞いただけます。
VIEW MORE
「広島神楽」定期公演(4/5~12/27)
広島の新しい文化的な「夜」の賑わいを広島市内中心部から発信し、県内や国内外の観光客、修学旅行生の方々に「広島神楽」の魅力を伝えることを目的として、毎週水曜日夜の定期公演を開催。1公演で1神楽団が2演目を披露します。
VIEW MORE
2017ひろしまフラワーフェスティバル
ひろしまフラワーフェスティバル(FF)は、1977年にはじまり、2017年の開催で41回目の開催となり、広島最大級のイベントとして定着しています。 広島市中心部の平和記念公園と平和大通りを主会場として《パレード》《ひろば》《ステージ》を祭りの柱に、毎年ゴールデン・ウィークの5月3日~5日の3日間で、160万人を超える人出でにぎわい、一帯は花と緑と音楽があふれ、お祭り一色になります。今年のテーマは「
VIEW MORE
SHARE